事業を安心して始める為には賃貸法人契約が必要不可欠

契約を結ばないと事業が始められない!賃貸法人契約の注意点

会社として事業を開始するには登記が必要です。会社登記には本店所在地を記入する必要があり、どこかの住所が必要になります。個人名で契約することも可能ですが名義変更の手続きを考えると会社名で仮契約しておくのが費用も手間もかかりません。

個人契約と法人契約を徹底比較

法人契約は会社が入居審査対象

個人の審査の時にも問題となる収入などのチェックが法人契約の場合、会社に対して行われます。入居申込書記載時に会社の資本金や事業内容の記載が必要です。

費用負担の当事者が変わる

個人事業主なら個人でも法人でも自分一人ですが契約当事者としては別人として扱われます。当然契約にかかった費用を税金から控除できるのは費用を負担した当事者になります。

事業を安心して始める為には賃貸法人契約が必要不可欠

女性

貸事務所の家賃は会社が負担

たとえ小さな作業場所であろうと貸事務所を借りるなら会社負担で借りてもらいましょう。個人が自己負担で事務所を借り、その分を会社が補てんすると貸事務所代が個人に対して支払った所得とみなされ、税法上不利になります。

ウーマン

不動産会社と総務が賃貸法人契約を結ぶ

実際に不動産賃貸契約を結ぶ手続きをするのは総務担当ですが名義は会社名義です。契約書は代表取締役名義で作り、契約当事者も法人としての会社になります。総務担当者の一存で契約してしまってもそれは会社の総意とみなされるので注意が必要です。

ガッツポ―ズ

必要な書類を用意しておこう

自分の身分証コピーはすぐに用意できますが会社の登記簿謄本のコピーなどはすぐには用意できません。連帯保証人の情報が必要となると余計に集めづらくなります。必要な書面が契約する不動産会社で変わることはほとんどないので用意できるものは先に用意しておきましょう。

オフィスを借りる為には会社の信用度も求められる

これから起業する会社や起業したばかりの会社ではオフィスは借りづらいこともあります。会社の支払い能力を見られているのでまだできていないところや設立したての会社には冷たい会社も多いです。企業を支援してくれる不動産会社と物件をうまく使って賢く借りましょう。

広告募集中